ブラストチタン(法人)について

文字サイズ小さく元に戻す大きく

印鑑素材に最適な耐久性・耐食性・耐熱性に優れたブラストチタン

ブラストチタンの材質について

ブラストチタンは印鑑の上側を示す「スワロフスキー」付きや「チタン球」付きを選べます。 つや消し加工が施されたブラストチタンは、指紋などの汚れも付きにくいのが特徴です。

チタン素材は耐久性・耐食性・耐熱性に優れており、昨今ではインプラントや人工骨からピアスや指輪など様々な分野で利用されています。また印鑑素材として使われているチタンには純度99.6%のものがよく使われています。時折99.9%と表記を見かけますが、99.9%では基本的に彫刻ができないほど堅いため、純度の数値に関してはあまり気にされなくても良いでしょう。

チタン印鑑の種類

チタン印鑑の種類 チタン印鑑は大きく分けて「生」「ミラー」「ブラスト」の3つの加工方法にわけられます。「生」はチタンそのもので特別な加工を施していないため、商品としてはあまりお勧め出来ません。 また「ミラー」は表面に鏡面加工をしたタイプで、見た目が綺麗な分指紋などが付きやすいという欠点があります。 最後の「ブラスト」は一般的なつや消しタイプで、指紋などが付きにくいためお手入れも簡単でお勧めです。

ページトップ***

mail sitemap
***
印鑑 ゴム印
買い物かご
お気に入りに追加
ページトップへ 買い物カゴ